ヘッドホン祭2011春その2

その1からの続きです。

続いて試聴したのは、ラディウスのブース。
実は今回の個人的目玉の一つ、ラディウス初オーバーヘッド型ヘッドホン「HP-OHF11」です。
まだ開発途中みたいですが試聴できました。
radinewoh.JPG
コンパクトでケーブルが着脱できるという点に好感が持てます。
普段持ち歩いて使っている「SENNHEISER PX200」と聞き比べ。
中高域がハッキリしていてパキッとした印象でした。
ブースの中の人曰く、「ポップスに合うように作ってる」とのことです。
製品版が楽しみです。

次は写真は撮ってませんが、Fostexの「KOTORI201」も試聴しました。
http://kotori.fostex.jp/201

このヘッドホン、色を自分でWEB上でカスタマイズできます。
同じFostexから出てる桃井はるこモデル「mh256」と同じ形。
(CREATIVE Aurvana Live! DENON AH-D1000も同じようですが、音は違うようです )

付け心地の良く、音も癖があまり無く、そつなく鳴らす印象。前にmh256を試聴したときと同じような感じで
とても好印象です。

個人的には「TH-7B」をカラーカスタマイズできるようにして欲しかったです。
そして、そのバリエーションの中に「T-7M」があれば最高です。

その3に続く。