エネルギーの放出

先日録音した「theParks」というバンドのライブを観に渋谷へ。
残念ながら解散してしまうとの事でこの日が最後のライブ。

そこそこ大きく有名なハコなのだが、この日はイベント会社が仕切ってるらしく
あまり気分良く楽しめなかったというのが正直な感想。

もちろん、Parksはカッコいいパフォーマンスを見せてくれた。
もっと早く知ってもっと沢山ライブを見たかった。

しかし、運営サイドは「ライブを見に来たのだから、演奏だけを聴けばその他はどうでもいいでしょ」、と
いうような姿勢がチラホラ感じられた。

ライブハウス自体のシステム(ノルマ等)にも疑問を持ってはいるが、こういうイベントの
あり方にも疑問に思う。

出ているバンドが可哀想になってくる。

とはいえ、たまたま僕が運悪くそう感じてしまうタイミングに出くわし、ある人はとても楽しく満足に過ごしたかもしれない。

少々低いテンションで、井の頭線で下北沢に。(しつこいようだが、Parksはとても良いテンションでした!)

DaizyBarというライブハウスに「morecure」を観に行きました。
このmorecure、M&N録音サービスの相方、中村氏がギターで参加しているバンドです。
音源も録音は中村でMIXはワタクシが担当いたしました。

メンバーそれぞれのキャリアも長いベテランバンド。
渋谷でのストレスが一気に発散しました。
狭いハコですが、3本のギターの爆音が非常に気持ちよい。
なんというか、現場感というか。

そこでズボンズのドンマツオ氏がブログでも書かれている「エネルギーの放出」について
自分なりに考えてみた。(ドンさんはもっと広い意味で言われているが)

こういう体で体感するライブはなんだかエネルギーの質量のようなものが違う。
演奏技術云々ではなく(もちろんそこも重要なのだが)エネルギーの放出具合で良し悪しが決まるみたいな。

インストであろうが歌物であろうが、ロックだろうがポップスだろうが、100%により近い
エネルギーの放出が見てる人の意識を変えるのではないかと思う。
そしてその双方の意識を滞りなくスムーズにサポートするのがライブハウスやイベンターなんかの在り方
の一つなんじゃないかな。

そんなことを考えつつ僕も現場感を大切にしバンドのエネルギーを記録出来るように日々精進していきたい
と思います。

三木